新着情報エリア
< 2010年04月 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2010年06月 >
ホーム  > アーカイブ > 2010年05月

Archive list

2010/05Archive list

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【社会】アヘンの原料「不正ケシ」の自生が激増!都内300カ所で確認

1 名前: ◆SCHearTCPU @胸のときめき▲φ ★[tokimeki2ch@gmail.com] 投稿日:2010/05/14(金) 07:36:17 ID:???0 ?PLT(12556)
アヘンの原料となるケシが自生している場所が、東京都内で300カ所に上ることが13日、
都薬務課の調査で分かった。自生しているものは職員が各地を巡回し、抜去(ばつきよ)しているが、
発見件数は年々激増している。数年前には都庁(新宿区)の敷地内で自生が確認されるなど、
繁殖力の強さから、最近では身近な場所で発見が相次いでいるのも特徴という。

都によると、あへん法で栽培が禁止されている不正ケシは「アツミゲシ」と呼ばれる品種。
平成16年の抜去件数は約8千本だったが、20年には約5万4千本に激増した。
地中海原産の帰化植物で、約6センチの紫や赤の花を咲かせ、花期は4月中旬から5月下旬ごろ。
花が終わると子房が膨らみケシボウズ(未熟な果実)となり、ここから白い樹液(アヘン)を
採取でき、精製するとモルヒネやコデイン(麻薬)になる。

不正ケシのケシボウズには、約1万個の種子が包まれ、風に乗って生息域を広げるのが
特徴とされる。都が発見した自生場所は都内全域に及び、学校の校庭や都立公園、
団地、駐車場などあらゆる場所で確認されている。

*+*+ 産経ニュース 2010/05/14[07:36:15] +*+*
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100514/crm1005140125003-n1.htm

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ:気になるニュース ジャンル:ニュース


▲page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。