新着情報エリア
< 2010年08月 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2010年10月 >
ホーム  > アーカイブ > 2010年09月

Archive list

2010/09Archive list

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【社会】押尾被告の公判で暴かれるバブリーライフや元妻との性生活が白日の下に…判決は17日に[09/11]

1 名前: ◆TOFU75Z77Q @甘味処「冷奴」φ ★[sage] 投稿日:2010/09/11(土) 21:40:33 ID:???0
 合成麻薬MDMAを一緒に飲んだホステス、田中香織さん=当時(30)=を放置し死亡させたとして、
保護責任者遺棄致死など4つの罪に問われている元俳優、押尾学被告(32)。
10日の裁判員裁判第5回公判では、押尾被告のバブリーな生活ぶりや、
元妻、矢田亜希子(31)との“性生活”についても質問されていたことなど、
プライド高い押尾被告の神経を逆なでするような事柄が次々に白日の下にさらされた。
(夕刊フジ)

 事件の現場となった六本木ヒルズレジデンス23階。当時は下着通販会社の女性社長の名義で借りられていた。
検察側が行った押尾被告の供述経過の確認で、この女性社長が押尾被告に与えていた厚遇ぶりが明らかになった。

 それによると、部屋の家賃は毎月50万円だが、女性社長は「出世払いでいい。クリエーターには環境が大事」と話し、
押尾被告に部屋のカギを渡してタダで使わせていたという。光熱費も無料だった。

 部屋には生活に必要な家具類が完備され、まさに至れり尽くせり。
そこに押尾被告は自分で買いそろえた大型テレビやオーディオセットを設置していたという。

 この日は、押尾被告を取り調べた検事も証人として出廷。
押尾被告が亡くなった田中さんのことを「ポン中(覚醒剤中毒)」「自爆した」と表現し、「俺も被害者」と言っていたことを証言した。

 検察側から「妻の矢田亜希子さんとの私生活を興味本位で聞いたか?」と尋ねられると、証言台の検事は
「雑談の中で話は出たが、興味本位ではない。『ドラッグセックスをしたことがあるのか?』と聞いたことがあるだけ。
 薬物事犯では、パートナーに対する当たり前の質問です」と答えた。

 さらに、押尾被告が取調室で逆ギレした様子を事細かに証言。たまらず押尾被告が検事をニラみつける一幕もあった。

 裁判は週明け13日に被告人質問が行われる。不利な証言が相次ぐ中、押尾被告は何を語るか。判決は17日だ。

ソース MSN産経 2010.9.11 20:56
http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/100911/trl1009112100003-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/100911/trl1009112100003-n2.htm

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ:気になったニュース ジャンル:ニュース


▲page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。