新着情報エリア
< 2017年07月 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017年09月 >
ホーム  > スポンサー広告 > 【社会】「痴漢冤罪」多発も…警察の「疑わしきは罰する」の本当のワケとは > 社会 > 【社会】「痴漢冤罪」多発も…警察の「疑わしきは罰する」の本当のワケとは

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【社会】「痴漢冤罪」多発も…警察の「疑わしきは罰する」の本当のワケとは

1 名前: ◆SCHearTCPU @胸のときめきφ ★[tokimeki2ch@gmail.com] 投稿日:2010/07/02(金) 17:34:59 ID:???0 ?PLT(12556)
(前略)
「これだけ痴漢冤罪が注目されているのに、警察や検察は世間が思うほど痴漢を重大事件と
考えていません。今回の事件も、報道で知るかぎりでは無罪を示す客観的証拠が十分だった。
にもかかわらず担当の次席検事は『予想外の判決』とコメントしています」
痴漢冤罪被害者を支援する「痴漢冤罪ネットワーク事務局」も「検察は起訴前から
DNSや繊維片検査の結果を知っていたはず。それなのに検察は現在、控訴を
検討しているという。それは彼らが絶対的な自信を持つ科学捜査を
自ら否定することになる」と批判する。

これに対し、痴漢を検挙した経験がある男性警察官は、こんな本音を漏らす。
「実際に痴漢した犯人は卑怯な言い逃れに終始し、被害にあった女性は悔しさを訴えます。
双方に利害関係がない場合、われわれとしては『犯人の確率が極めて高い』と想定して
追及せざるを得ない。女性の証言を盲進するわけではありませんが、卑劣な痴漢犯罪を
憎むあまり、結果的に『男性蔑視』になっているかもしれません」
近年、裁判所では、痴漢冤罪に対する世論の高まりや鑑定技術の向上に伴い、
客観的証拠を重視するようになった。しかし現実には、満員電車で女性との接触を
避けることは不可能。偶然接触した場合、男性はその事実を認めたうえで、故意では
なかったことを証明する必要に迫られる。

警察や検察が「疑わしきは罰する」という姿勢でいる以上、満員電車に乗る男性は
常に冤罪に備えておかねばならない。無実の証拠がそろっていても、今回のように
起訴される危険性があるからだ。埼玉県職員の男性は無罪判決後、言葉にならない様子で
ただただ涙を流していたという。

*+*+ ZAKZAK 2010/07/02[17:34:58] +*+*
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20100702/dms1007021619013-n2.htm

2 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2010/07/02(金) 17:35:49 ID:3ICH1JoJ0
田島みたいなのがいるから

6 名前:名無しさん@十周年[sage] 投稿日:2010/07/02(金) 17:38:15 ID:cD++GBj40
>満員電車に乗る男性は常に冤罪に備えておかねばならない。

どうしろと。

9 名前:名無しさん@十周年[sage] 投稿日:2010/07/02(金) 17:39:19 ID:g5SwMN5U0
>>2
田島は女性の社会進出にだけうるさいだけで
この手の美人が被害に会うようなことは
口出さないよ

24 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2010/07/02(金) 17:42:13 ID:sCjxqB+f0 [1/2]
痴漢、転び公妨、DV法・・・・
 
捜査や証拠や令状なしで逮捕できる
フリーハンドを持ってないと
冤罪を作れないじゃんか

33 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2010/07/02(金) 17:43:43 ID:bN0uh+Ul0 [1/7]
私が警察官から聞いた話を詳しく書きます

  1.示談金目的の女は相当居る。
  2.強姦でっち上げ虚偽告訴の女も相当いる。
  3.強制猥褻でっち上げ女も相当いる。
  4.痴漢を名指しする女性の多くは勘違いや誤認。(自意識過剰)
  5.女の大半は嘘でも嘘とは言わない。
  6.余りに嘘つき女が多いので女の言い分は(警察官・検察官ですらも)何が本当で嘘か解らない。
  7.女がどんなに嘘を付いても嘘と白状しない限り法的対応は不可能で、更に習性として嘘を認めないので尚更厄介。
  8.痴漢冤罪に対しては今後厳正なる方向性に向かう事はなく、益々男性には不利になる時代が続く。
  9.現職の警察官ですら電車で女から「この人痴漢です」と言われたらOUT。

 更に付け加えれば取調べの際男性(実際無実の方)が女性に反論すると当初お尻を触られていたと言っていた女性が
 ショーツの中まで手が入ってきたと話が大袈裟になるケースも多いとの事。
 女性と言う生き物は仕返しや報復が大好きみたいです。
 嘘吐きと書いて女性と読む・・・そんなところですね。
 彼女たちが「私は本当に酷い目に遭ったんです」と言っても信用されなくなっても当たり前ですね。
 警察関係者ですら「一体どれだけの罪のない人々が人生を失ったのかすらも分からない」ようです。

テーマ:気になったニュース ジャンル:ニュース

コメントの投稿

コメントの投稿
装飾
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


▲page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。