新着情報エリア
< 2017年09月 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017年11月 >
ホーム  > スポンサー広告 > 【尖閣問題】過激中国、評判は失墜…ワシントン・ポスト、英誌エコノミストなど各国メディア、警戒論にじむ★4 > 社会 > 【尖閣問題】過激中国、評判は失墜…ワシントン・ポスト、英誌エコノミストなど各国メディア、警戒論にじむ★4

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【尖閣問題】過激中国、評判は失墜…ワシントン・ポスト、英誌エコノミストなど各国メディア、警戒論にじむ★4

1 名前:空挺ラッコさん部隊ρφ ★[sage] 投稿日:2010/09/26(日) 17:42:55 ID:???0
 「過激中国、評判は失墜 各国メディア、警戒にじむ」

 【ニューヨーク=阿部伸哉】沖縄県・尖閣諸島(中国名・釣魚島)沖の漁船衝突事件で日本が
中国人船長釈放で幕引きを図ったことについて、米メディアでは、日本の外交姿勢より、経済力
や資源をてこに強硬姿勢で押し切った中国を警戒する解説や分析が目立っている。

 ワシントン・ポスト紙(電子版)は二十四日、中国側の強気一辺倒の対応に「共産党指導部の
力が弱まり、人民解放軍や国営企業などが勢力を増した結果」と分析。今後は特に対日や対米で
関係がこじれることになると予測した。特に中国がハイテク製品に必要なレアアース(希土類)
を禁輸したとの報道に米メディアは注目。三大ネットワークの一つ、NBCテレビ(電子版)は
記者ブログで「中国からの輸入に頼る米国も打撃を受けることになる」と警告した。

 日本側が「圧力に屈した」との見方は強いが、英誌エコノミスト(同)は「最終的には中国が
過剰な攻撃性を示して評判をおとしめた」と指摘。「成熟した国際プレーヤーとは思えない行動
で、『平和的な発展』は形だけにすぎないと分かった」と批判した。

2010年9月25日 夕刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2010092502000189.html

12 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/09/26(日) 17:48:47 ID:hl3t/27yP
日本は馬鹿すぎて話にならんだけだろ
ただ自国の利益として警戒するのみ

14 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/09/26(日) 17:48:52 ID:qbcC7Ngh0
評判が落ちるなんて中国にとってはどうでもいいこと。
なぜならすでに評判は地に落ちているから。
常に開き直って平然と相手を非難する。それが中国。

日本はちょっと外国から批判されただけですぐ右往左往ドタバタ劇。
毅然としない奴に手を貸す仲間なんていないよ。

13 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/09/26(日) 17:48:51 ID:vdFcHSbf0 [1/5]
●エコノミスト原文 その1(訳:俺)
--------------------------------------------------------------
http://www.economist.com/blogs/asiaview/2010/09/chinas_spat_japan
これで終わった訳ではない
2010年9月24日 東京

最後には国家の誇りよりも経済的絆が勝利した。企業の心配は
消えた。ある意味支那でもそうだ。日本への苦い反目はエスカレート
していた。9月7日に両国が領有権を主張している海域で支那の漁船が
日本の巡視船に衝突して以来。故意に日本の船に衝突したとして
起訴された支那船長を今日日本は釈放した。その事で
外交官達はほっとしている。しかしこの戦いのそれぞれの得点は?
一見すると圧力に屈した日本は弱いように見える。しかし支那の反応の
どう猛さは究極には支那に害を及ぼすだろう。この地域での
責任ある関係者として支那の評判はボロボロになった。

Out but not over
Sep 24th 2010, 7:32 by K.C. | TOKYO

IN THE end, it came down to economic ties versus national
pride. Business concerns prevailed―and so did China, in a sense.
 A bitter feud with Japan had been escalating since September 7th,
when a Chinese fishing boat ran into a Japanese patrol in waters
which both countries claim as sovereign territory. Today Japan
released the boat's Chinese skipper, who had been accused of bashing
into the two Japanese vessels deliberately. With the release of the
captain, Zhan Qixiong, the diplomatic world breathes a sigh of relief.
But how to score this match? Japan comes off looking weak,
as it succumbs to an avalanche of pressure. But the ferocity
of the Chinese response has harmed China ultimately, by undermining
confidence in China as a responsible stakeholder in the region.


16 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2010/09/26(日) 17:49:52 ID:Wc5rD/+40 [1/3]
国際世論があっても政府がそれを全く利用する気がないんじゃ何の意味も無いけどな
時間がたてばすぐに萎む
大体中国なんて元々ならず者国家って認識だから今更マイナスも糞もない

20 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2010/09/26(日) 17:52:22 ID:vdFcHSbf0 [2/5]
●エコノミスト原文 その2
-------------------------------------------------------------------
日本の検察官は支那人船長を意図したものでは無いという理由で
告訴しない決定をしたらしい。しかし本当の理由は支那の反応の
激烈さである。中略。それは外交交渉を中止したり4人の日本人を
逮捕したりした。支那の反応は非常に極悪なものになっていった。
明らかに希少金属の輸出を止めた際に。

Japan’s prosecutors chose not to indict Mr Zhan on the grounds
that his act was not premeditated, according to Kyodo, the Japanese
news agency. But the real reason was the vehemence of China's reaction.
Since the fishing crew and its captain were arrested, China has
continually ratcheted up the pressure to have them returned.
It cut diplomatic communications and even arrested four Japanese
nationals, allegedly for filming in a restricted military area.
China’s response seemed to take an especially nefarious turn
when it apparently suspended its export of rare-earth minerals,
which are vital to making electronics components used in everything
from handheld gadgets to cars.

テーマ:気になったニュース ジャンル:ニュース

コメントの投稿

コメントの投稿
装飾
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


▲page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。